御召(おめし) スーツ感覚で装えるスタイリッシュな着物。 かつて、徳川十一代将軍家斉が好んでお召しになったことから、「御召」と呼ばれるようになりました。

御召の特徴は、あらかじめ精錬した糸を用いて織るため密に織り上がり、やや硬い地風となる点です。
逆に普通の縮緬は、織り上げた後の布地を精錬するため、柔らかい風合いとなります。
また御召は、横糸に強く撚りをかけた強撚糸を使うため、独自の凹凸であるシボが生まれるのも大きな特徴です。
強撚糸を織りこんでいるため、丈夫でシワが戻りやすく、着くずれしにくいという美点もあります。

当然普段の遊び着として着ていただけますが、
デザインによっては、お茶席や食事会などの準礼装の場にも、スーツ感覚で着ていただくことができる着物です。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください!
メールでのお問い合わせ Contact_form_but