手織りの工房として「螢庵」で育んだ織物の新たな世界を切り拓きます。

京都鞍馬から、さらに北へ。
丹波高原の東端にある美しい山々に囲まれた美山町。
さまざまな芸術家たちが創作の場として集まるようになりました。
ここに西陣織の職人・田村螢成が結んだ工房が「螢庵」です。
得意とするのは、素材や意匠に新しい息吹や香りをそえた帯。 美山で育まれた創作の心と感性で、ときには鈍く、ときにおおらかに織り上げています。