和を想う ~池田社長ブログ~

夜中に生まれ変わろう!

 

 どうしても考えが後ろ向きで消極的になってしまうのですが、どうしたら前向きになれますか?

 私も、大学卒業後10年続けた浪人生活時代に、同じ悩みを持ち続けていました。

 ポイントは、寝床の中で眠りにつくまでの間です。心は意識的な表面部分と無意識の深層部分の二層からなっています。そして眠りに突くまでの間、意識的な表面部分は活動を弱めていきますから、その時に想い描いたことがらは、心の奥に入りこんでいきます。

 そして、心に貯められた想いは、物事を考えるときの判断材料として使われます。消極的な判断材料が多いと、考えは必然的に後ろ向き、消極的になってしまうわけです。

 だから、寝がけには、嘘でもいいから、どんどん楽しいことを想い描きましょう。昔の日本人は枕に願い事をすると言いましたが、ほんとに寝がけの想いは大切です。

 さあ、夜中に生まれ変わりましょう!!

 

  他の記事を読む